学資保険のタイプを選択

学資保険に2つの種類

学資保険で教育費を確保する

学資保険とは、子どもの将来の学費や教育費などに備える保障です。学資保障には、大きくわけると貯蓄性に重点置いたものと、保障を手厚くしているものの二種類があります。貯蓄性に重点を置いたものは、将来のためにこつこつと貯めていきたいという人にはよいと思います。保障を手厚くしたタイプとは、子どもが病気やけがなどの時の保障を充実させているタイプのものをさします。万が一の備えにしたいという人に適しています。保障料を振り込んでいる親が死亡した時には、それ以後の保障料は免除となり、保険は満期まで続くというものもあります。

これからお子さんが生まれるという素晴らしいニュースがあるご自宅は、学資保険での悩みがあると思います。ですが、そんなに難しく考えることはありません。他の全てと同じ、比較検討しましょう。学資保障で大事なのは、貯蓄機能ですね。子供の教育費がかかる時期はある程度決まっています。それに向かって着実に溜めること。そして契約者である親に万が一のことがあれば金銭的な保障を得られることです。その2点に重点を置き、元本が割れないことを優先するのか、契約者の保険を優先するのかで商品が違ってきます。各社種類がありますから、よく話を聞いて決めください。

お知らせ

2013-12-06 安くて安心の入院保険が追加されました。
2013-03-28 学資保険の加入と負担が追加されました。
2013-03-28 学資保険と定期預金が追加されました。
2013-03-28 計画を立てて学資保険が追加されました。
2013-03-28 トップページが追加されました。